WordPress初心者の方も、愛用者の方も、
楽しく学べるフォローサイト!

WP-Master.club ヘッダーロゴ

固定ページのエディタ内でPHPファイルを挿入する方法

はじめに

投稿ページや固定ページでは、エディタがデフォルトで準備されています。

そのエディタ内では、そのままではPHPファイルを読み込むことができません。

エディタでPHPファイルを記述するには、「ショートコード」を使用します。

 

ショートコード生成の準備

まず、functions.phpに、下記を追記します。

 

読み込みたいphpファイルの準備

読み込みたいphpファイル(hoge.php)を準備し、テーマファイル内にアップします。

テーマファイル内で管理しやすいように、テーマファイル内に専用のディレクトリを作るとよいです。

今回の例では「include」(上記コードの7行目に該当)というディレクトリを作り、その中にhoge.phpを収納しました。

 

エディタ内にショートコードを記述

エディタ内に、先ほどのhoge.phpを読み込むためのショートコードを記述します。

これで、phpファイルを読み込むことができます。

 

まとめ

エディタ内でわざわざphpを読まなくても、page-xxx.phpを作ってそこにコードを記述していくという方法も確かにあります。

しかし、固定ページをパスワード保護したりする場合は、コンテンツをエディタ内に記述する必要があります。

そのコンテンツ内にphpでプログラムを組んでいた場合に、今回の方法は重宝すると思います。実際、私がそうでした。

是非、お試しください。

 

参考記事:【wordpress】投稿・固定ページ内にPHPファイルをインクルード(挿入/実行)させる

大変参考になりました。ありがとうございました。